» 近江國の生靈、京に來たりて人を殺す語「今昔物語集」

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

近江國の生靈、京に來たりて人を殺す語「今昔物語集」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (2)

昔、京から美濃、尾張へ下ろうとする下級役人がおりました。男は翌朝の日の出と共に出発するつもりでしたが、まだ夜が明けない時間に目が覚めたのでそのまま出発する事にしました。月明かりの中男は辻道に差し掛かると大路に青っぽい着物を着た女が裾を取り一人で立っていた。

どんな女であろうか?このような時刻に一人でいるわけがない、何処かに男もいるだろうなどと考えながら通りすぎようとすると女が「そこのお方、何処へ行かれるのですか?」と問いかけてきた。

「美濃、尾張にまかり下ります」と男は答えると女は「それはさぞお急ぎの所でしょう。ですが、折り入ってお願いがあります。しばしお付き合いを」という申すものですから男は足音とめて「いったい何事ですか?」と女に問います。

「この辺り民部の大夫の某という人の家はどちらでしょうか?そこに行こうと思って、道に迷ってしまったのです。私をその場所に案内しては頂けませんか?」

「その人の家はここから七八町(※一町はメートルに直すと約109mほど)ばかり先です。しかし、急いでいますゆえ、この案内しかねます」と男が足を進めようとすると「極めて大切な用向きです。どうぞ、案内して下さい」と女は引き下がりません。

男は渋々と案内することにしました。道中で女が「嬉しや…」と言いながらついて来る様子にどうにも恐く感じるのですが、気のせいだろうと思い女を民部大夫の家の門まで送り届けた。

「そこがその人の門ですよ」と男が伝えると女は「お急ぎのところ、ここまで送ってくださり大変うれしゅうございます。私は近江國のOOの郡にのそこそこにあるしかじかの娘でございます。東へおいでになられたら、その道の近い場所ですから、必ず立ち寄って下さい。きっと不思議な事がありますから」と申したかと思えばすぐに門の前に立つと、にわかに姿を消してしまった。

近江國の生靈、京に來たりて人を殺す語
「不思議な事だ、門を開けずにあの女は消えてしまった。どうなっている」男は身の毛がよだち、すくんだように立っていると屋敷の中から泣き叫ぶ声が聞こえる。

どうやら、人が死んだらしい。奇妙な事もあるものだと夜明けを待ち屋敷の者に訳を尋ねると「殿はこの頃、近江國にいる女の生靈が現れると思い悩まれていた。この明けになって生靈が現れたようだと申されると突然死んでしまった。生靈が人を取り殺す力なんてあるんだな」

男はその話を聞いている内に頭が痛くなった。あの女は喜んでいたが、この頭痛も生靈の仕業に違いないと思い、その日の旅は中止し家に戻りました。
その後、3日のちに再び旅だちましたが、女の教えた場所を通る時に女の言ったことが本当か確かめようと、教えられた屋敷を尋ねると直ぐに招き入れられ簾越しに女と対面しました。

「あの夜の喜びは、いつの世になっても忘れる事はないでしょう…」と申しますと見たことも無いご馳走や絹、布を与えました。さらに男は土産をもらい、東に下りました。
本来生靈とは、自分の意識のない時に勝手に抜け出ると思われたしかしながら、この女は自覚があったのです。これは、民部の大夫の某に捨てられた女の恨みが生靈となり取り殺した。女心は恐ろしいものだと伝えるお話です。


お話の評価

ページトップ