» 通りゃんせ

童歌

童歌

太古から親から子へ伝えられ歌い継がれてきた歌『童歌』。
昔話が題材になったものから教訓めいたものまで様々あります

通りゃんせ

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (3)

通りゃんせの歌詞


通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ


「通りゃんせ」登場人物

<関所の役人>
天神様の細道にある関所のお役人

<子供>
7歳になり天神様に御祝いに行く

<保護者>
子供の7歳の御祝いに御札を納めに連れて行く

紹介文

お話の評価

ページトップ