» 長谷雄草紙

古代の物語

古代の物語

平安時代の雅なお話から魑魅魍魎が
出てくるお話までご紹介。
陰陽師安倍晴明が活躍するお話も
多く紹介しております

長谷雄草紙

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4.25/5 (4)

中納言である紀長谷雄様は学問を修め、芸にもよく通じており、朝廷の要職にも任じられていた方でした。

ある日の夕暮れ。長谷雄様が宮中へ参内しようとなさっていた時、目つきが恐ろしく、常人とも思えぬ見知らぬ者が来てこう言うのです。
「退屈しておりましたので、双六を打ちたいと思っておりました。その相手にはきっと貴方様をおいてはいらっしゃらないだろうと思い至り参ったのでございます。」
長谷雄様は怪しみながらも「やってみよう」とお思いになり、
「大変面白い。どこで打とうか。」
と言うと
「ここでは都合が悪いでしょう。私の住んでいる所へお越しください。」
と男が言うので「もっともだ」と車にも乗らず、供の者も連れず、ただ一人、男について行きました。

やがて朱雀門にたどり着き、男は「この門の上へお登りになってください。」と言うのです。
いかにも登りようがないと思われましたが、男の助けで難なく登ることができました。
「何を賭けましょうか。」
半と丁を向い合せて男が言います。
「私が負けましたら、見目も気立ても、必ず貴方様が満足なさる女を差し上げましょう。貴方が負けられた時は、いかがなさいますか。」
「私は持っている財宝を全て貴方に差し上げましょう。」
と長谷雄様が仰ると、男は「それは良い」とうなずくのでした。
双六を打っているうちに、長谷雄様はどんどん勝利を重ねてゆきます。
男は初めこそ人の姿をしておりましたが、負けるにつれて賽を掻きむしり心は乱れ、本来の姿に—恐ろしい鬼の姿になってしまったのです。
長谷雄様は恐ろしいと思われましたが「構わぬ。私が勝ちさえすれば奴は鼠に過ぎぬ。」
と堪えて打っていると、とうとう長谷雄様が勝ってしまいました。
haseo
その時、男はまた元の人間の姿に戻り
「今はもう何も言えません。まさかこんなことになろうとは思いませんでした。悔しくも負けてしまいました。必ず約束の日に女を差し上げましょう。」
と言って元のように降ろしてくれました。

長谷雄様は馬鹿らしいとお思いになりながらも、約束の日になったので心待ちにしながら然るべき準備を整えてお待ちになっておりました。
夜も更けた頃、あの男がそれはそれは光り輝くほどに美しい女を連れて訪れ、その女を長谷雄様に献上しました。
長谷雄様もその女を大変素晴らしいとお思いになり、「この女をいただけるのか。」と尋ねると男は
「無論差し上げます。私が負けて差し上げるのですから、返していただく必要もありません。」
と答え、「ただし、」とこう付け加えました。
「今宵から百日経ってから懇意になさってください。もし百日と経たないうちに交わってしまえば必ず残念な事が起こってしまうでしょう。」
長谷雄様は「必ず仰せの通りにしましょう。」と仰って、女を引き取り男を帰しました。

夜が明けて女を見てみると、あまりの美しさに「このように美しい方がこの世にいるなんて」と不思議にお思いにもなりましたが、
日が経つごとに女が愛おしくなり、側に置いて片時もはなそうとしなくなっていきました。

こうして八十日ほど経った頃でございました。
長谷雄様は「もう随分と日を数えた。必ずしも百日でなければならないということもないだろう。」と耐え難くお思いになり、とうとう女と交わってしまいました。
すると女はたちまち水となって流れて消えてしまったのです。
長谷雄様は大いに悔やまれ、また悲しまれましたけれども、もうどうする事もできません。

それから三か月ほど経った夜更けの事です。
宮中から退出される道中にあの男が現れ、長谷雄様の牛車の前方から近付き
「貴方様は信義をお持ちではなかったのですね。素晴らしいお方であると思っておりましたのに・・・」
と言い険しい表情で迫るのです。
長谷雄様は恐ろしくなり、「北野天満よ、お助けください」とお祈りになったその時、空から「哀れな奴だ。去るがいい。」と猛々しく恐ろしい声が響き渡ったかと思うと、男はたちまち消えるようにその場からいなくなってしまいました。

実はこの男というのは朱雀門に住まう鬼だったのです。
献上した女は様々な死者の優れた部分を寄せ集め作り上げたもので、百日経てば本当の人になり、その魂も定まるはずでした。
しかし残念な事に、長谷雄様が男との約束を無視してこれと交わってしまったために全て溶けて消えてしまったのです。
女を得損ねてしまった長谷雄様は、一体どれほど悔しかったことでございましょう・・・。


「長谷雄草紙」登場人物

<紀長谷雄>
平安初期の実在の文人。中納言。双六の名手でもある。
<男>
長谷雄に双六の勝負を申し込む。その正体は朱雀門に住まう鬼だった。

お話の評価

ページトップ