» 阿用郷の鬼「出雲風土記」

日本神話

日本神話

日本各国の風土記やアイヌ神話、
神社の社伝など古事記や日本書紀では
語られていない日本神話
御紹介致します。

阿用郷の鬼「出雲風土記」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5/5 (2)

昔の人が伝え語ったことにこのような話があります。
島根の大原郡阿用郷(現在の島根県大原郡大東町であります)のとある土地で、とある男が山に田んぼを耕し、その土地を守っていました。

その時のことです。
大きな、そして一つ目の恐ろしい鬼が、田を耕していた男の前に、現れました
大きな一つ目の鬼は、なんと、男を食べてしまいました。
阿用郷の鬼

男の父と母が、竹やぶの中に隠れておりましたところ、そこの竹の葉がさやさやと動きました。
その時、鬼に食われた男が
「アヨ、アヨ(動いたよ、動いたよ)」
と声を挙げました。

これが、ここの土地が阿用(アヨ)という由来です。


「阿用郷の鬼」登場人物

<男>
鬼に食べられてしまう

<鬼>
突如現れた一つ目の鬼

お話の評価

ページトップ