» 鬼女紅葉

中世の物語

中世の物語

平安時代の雅から一変武士の社会へと
変わった時代。妖怪のお話や武士や
城主のお話までご紹介しております。

鬼女紅葉

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4.5/5 (4)

遠い昔、会津の里に、伴笹丸と菊世という夫婦が暮らしておりました。噂によるともともと都でたいへん位の高いお方でしたが、政治の争いごとに巻き込まれ、ここまで流されてきたのでした。
二人はとても仲睦まじい夫婦でしたが、なかなか子供を授かりません。子授かりによいことは何でも試し、いろんな神様仏様に祈りましたが効き目がありませんでした。
半ば諦めていた頃、二人は第六天の魔王に祈れば玉のような子を授かるという話を聞きました。そこで一心に祈ったところ、菊世は身重となって翌年女の子を出産します。
生まれた子は、呉葉と名づけられたのでした。

呉葉は生まれたときから器量のよいだけでなく、たいへん愛らしく美しい娘に成長しました。
その天性の美貌と賢さ、そして琴や笛や舞の見事さ素晴らしさはたちまち評判となり、あちこちから求婚されるようになります。
なかでも長者のひとり息子である源吉は呉葉に激しい恋をして、ぜひ嫁に迎えたいと思っていました。
源吉は呉葉にたくさんの恋文を贈りましたが、ひとつも返事は返ってきません。
思い悩んだ源吉はとうとう床に伏せ、やせ衰えてしまいました。
息子を心配した源吉の両親、源右衛門と妻の岩里は金百両を持たせた使いをやって、笹丸に呉葉を求めます。
しかし笹丸は、呉葉を都で嫁がせたいと思っていました。そこで呉葉は第六天の本性を現し、一心に祈祷して自分と全くおなじ姿かたちの分身を作り出しました。
身代わりの娘を源吉のもとへ嫁がせた笹丸は、源右衛門からまんまと結納金をせしめ、夫婦と娘連れ立って都へ登っていったのです。

笹丸は伍輔、菊世は花田、呉葉は紅葉へと名を改め、彼らは都の四条通りに小さな店をもうけました。
そこで紅葉が琴の指南を始めたところ、その琴の音が評判となり、やがてその噂が時の将軍、源経基公の公達の耳に入りました。
onime
公達は紅葉の琴の音をたいそう気に入り、紅葉は膝元として召抱えられます。紅葉はその才覚を発揮してすぐに出世し、その噂は経基公の耳にも入りました。
紅葉の奏でる琴の音に感銘を受けた経基公は紅葉をこよなく愛し、そして紅葉は経基公の御種を宿すことになったのです。

そこで次第に正室を邪魔に思うようになっていった紅葉は、ついに正室を亡き者にしてしまおうと考えるようになりました。
第六天の魔術によって病に伏せた御台の平癒を比叡山へ祈願すると、僧は加持符を御台をはじめとする看護する者全員の襟に付けるよう言いました。
しかし昼夜問わず御台の看護をしていた紅葉だけが、加持符を付けるのを嫌がりました。そこで詰め寄ると紅葉の姿が御台の傍から消え、そして紅葉の局で祈祷をしていた本物の紅葉が取り押さえられました。
それ以降苦しむことのなくなった御台の様子を見た経基公は、紅葉が正室を呪い殺そうとしたとして、紅葉を戸隠山の山奥へ追いやることにしました。

都から追いやられた紅葉は、戸隠山の水無瀬という場所へたどり着きました。
水無瀬の山並みは京の都と似ていたので、紅葉はこの地を愛し、そこに屋敷を構えました。
村人たちには自分は経基公の寵愛深く一子を宿しているが、そのために正室から無実の罪を着せられて追放されてきたとその身の上を披露しました。
紅葉は占いや加持祈祷をして村人の病気を癒し、女子には裁縫、男子には読み書きを教えて次第に村人たちから慕われるようになりました。
やがて紅葉に男子が生まれ、父経基の経の字をとって経若丸と名づけられました。
紅葉は都を懐かしんで、この地にも東京、西京、二条、四条、東山、清水などと京の都にちなんだ名前をつけ、山奥での退屈な生活を慰めていました。
しかし紅葉は昔の栄光が忘れられず、我が子を経基の跡継ぎにしたいという欲望を抑えることが出来なかったのです。

あるとき、たまたま戸隠山のまわりを荒らし回っていた盗賊の一団が、紅葉の噂を聞きつけました。
彼らはもともと平貞盛等に滅ぼされた平将門の残党でしたが、そのために本名を名乗ることができず、名を変えて盗賊と暮らしていたのです。
盗賊の四人の長たちは紅葉の館を訪れ、我々の手下となって盗賊の手助けをするか、さもなくばこの屋敷を明け渡せといいました。
紅葉は世にも名高い経基様の若君はここにおられる、そなたのような盗賊の手下になるよりは、むしろこの屋敷を開け渡した方がましであろう、と呪文を唱えました。
するとたちまち山谷が地鳴りをたてて揺れ動き、空がにわかにかき曇り、嵐が障子という障子を吹き飛ばしました。庭には四、五寸もある氷の玉と火の玉が、入り混じって降っています。
呪術によって体の動かなくなった四人は紅葉に刀を奪われそれを突きつけられ、必死で許しを乞いました。その様子を見てからからと笑った紅葉は再び呪文を唱えて嵐をやませ、汝等が紅葉に召し使われるなら許してやろうと言いました。
彼らはそれを喜んで受け入れ、紅葉の手下となりました。
盗賊たちは夜になると富豪の家などを襲って略奪し、時には里の貧しい者たちにそれを分け与えました。その噂を聞きつけた者たちが集まって次第に紅葉の手下は膨れ上がり、七十人力を持つおまんをはじめ、多くの荒くれ者たちが略奪、暴行の限りを尽くしたのです。

やがてその噂は水無瀬の里でも流れるようになり、戸隠に住む紅葉は鬼女であると言われるようになりました。
伍輔は娘に悪行をやめるよう言いましたが、紅葉はそれを黙認して聞き入れません。とうとう伍輔は病気になり、第六天の魔王に祈って子を授かったのは間違いだったと後悔しながらこの世を去りました。

噂はどんどん広がっていき、いつしか都の冷泉帝の耳にも入るようになりました。そこで帝は信濃守、平朝臣維茂に紅葉とその盗賊を討伐するよう命じたのです。
その話を聞きつけた紅葉は、盗賊たちが恐れて逃げ出すのではないかと恐れました。しかし平朝臣維茂は彼らの敵だったため、これを迎え討つことに異論はありませんでした。
花田はこの様子を見て経若丸を呼び、もし敵が攻めてきて最期の時がきたら、潔く死ぬのだよと言って懐剣で喉を突いて自害しました。

紅葉は屋敷の周りに何十も堀と柵をつくり、維茂を迎え討ちました。戦が始まるとたちまち谷が鳴りだし嵐が吹き、空がにわかにかき曇って火の雨が降り、維茂の軍に襲いかかります。再度向かっても今度は洪水が押し寄せてきて、軍は退かざるを得ませんでした。

これを聞いた維茂は北向観音に参籠祈願して、十七日の満願を迎えると、夢の中で僧から降魔の剣を授けられました。
目覚めたときにそれを手にしていた維茂は、再び軍を率いて紅葉の屋敷を攻めていきます。
紅葉は再び術を使おうとしましたが、思うように術が起こせなくなっていました。正面からの勝ち目がなくなった賊は維茂に奇襲をかけようとしましたが、それも失敗してしまいます。
この様子を見ていた経若は、敵が攻めてきたら潔く死ねと言った祖母の言葉を思い出して、密かに屋敷を抜け出し花田の墓を前に自害しました。

紅葉のいる屋敷の奥に通じている抜け穴を発見した維茂は、そこを通って紅葉に奇襲をかけました。
紅葉の側近たちは驚いて逃げ惑い、紅葉はとうとう本性を現して鬼の姿となり、雲に乗って空中へ舞い上がって維茂めがけて炎を吹き付けました。
しかし、紅葉は降魔の剣のせいで思うように力を振るうことができませんでした。天井から金の光が降って鬼神の頭に触れると、鬼神はたちまち魔力を失って地に落ち、ついに維茂に討ち取られてしまいます。討たれた紅葉の頭は空高く舞い上がり、いずこかへ飛び去っていきました。
他の賊たちも次々と捕らえられ、あるいは討ち取られ、あるいは方々へ散っていきました。

戦に勝利した維茂は北向観音に再拝し、次の一首を詠みました。

頼みつる北向山の風さそひ
あやし紅葉はとく散りにける

このとき、紅葉は享年三十三歳でありました。


お話の評価

ページトップ