» 鱸「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

鱸「平家物語 -作者:藤原行長(異説有) -」

  • 登場人物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ評価されていません。

忠盛の子らは、諸衛の佐(御所の警備をする六衛府の次官)となり、昇殿を許されました。忠盛を嫌った公家たちはもう、これについてとやかく言う者はいませんでした。
その頃、備前国から都へ帰ってきた忠盛は、鳥羽院から「明石の浦はどうであったか」と尋ねられ、こんな歌を詠みました。

有明の月も明石の浦風に 浪ばかりこそよるとみえしか
(明石の浦では明け方の残月も白昼のように明るく光り、ただ海岸を吹く風に波だけが「寄る」――夜と見えました)

院はご感心され、この歌はのちに「金葉集」に入れられました。
また、忠盛にはこんなお話もあります――。忠盛は院の御所に深く愛している女房がいて、彼女のもとに通っていましたが、あるとき、その女房の部屋に、端に月を描いた扇を忘れて帰ってしまったことがありました。周囲の女房たちが「これはどこから出た月でしょう。出所がはっきりしませんね」などと笑っていると、かの女房は、
雲井【※1】よりただもりきたる月なれば おぼろげにてはいはじとぞ思ふ
(雲の間からただ漏れてきた月なので、いい加減なことでは出所を言うまいと思います)
平家物語―鱸
※1……雲のあるところ。宮中の意でもある

と詠んだので、忠盛はいっそう彼女を愛するようになりました。薩摩守忠度の母がこの女房です。似たもの同士が友になるというような風情で、忠盛が風流だったので、その女房も優雅でした。

こうして、刑部卿(刑部省の長官)まで昇進した忠盛は任平三年正月十五日に五十八歳で亡くなり、嫡男の清盛がその跡を継ぎました。
保元元年七月、宇治の左大臣・藤原頼長が世を乱したとき、安芸守(安芸を治める長官)だった清盛は帝のお味方をして勲功を立て、播磨守(播磨を治める長官)に転任。保元三年には太宰大弐(大宰府の次官)になりました。
ついで平治元年十二月、清盛は藤原信頼卿が謀反を起こしたときも賊徒を討ったので、「勲功は一つだけではない。恩賞は重く与えるべきだ」ということで、翌年には正三位に叙せられ、続いて参議、衛府督、検非違使の別当、中納言、大納言と昇進。ついには大臣の位にのぼり、しかも左右の大臣を経ずに、内大臣から太政大臣(律令官制の中で最高の役職)・従一位となりました。

近衛大将ではないのに兵を召し連れ、牛車や輦車(人の手で引く車)に乗ったままで宮中に出入りすることを許された清盛は、まるで摂政関白に等しい存在でした。
太政大臣は「天皇の師範として天下に手本を示すものであり、国を治め道を論じ、天地万物を調和させて治めるものだ。適任者がいなければ空席にせよ」といわれており、それゆえに「則闕(そっけつ)の官」(適した者がいなければ欠員にする官職)とも名付けられています。その資格がある者でなければ、穢してはならない官職ですが、清盛が天下を掌握した以上は、誰も彼に異を唱えられませんでした。

平家がこのように繁栄したのも、熊野権現の御利益といわれています。
昔、清盛公がまだ安芸守だった頃、伊勢の海から船を出して熊野へ参詣する途中、大きな鱸(すずき)が船中に躍り込んできたことがありました。案内役の修験者は「これは熊野権現の御利益です。急いでお食べなさい」と言い、清盛も「昔、周の武王の船に白魚が躍り込んできたことがあったそうだ。これは吉事だ」と言って、道中は肉食せずに身を清めていましたが、鱸を料理して一族の武士や侍たちにも食べさせました。
そのせいか、吉事ばかり続き、清盛は太政大臣という地位まで極めたのです。彼の子孫の昇進も、竜が雲に昇るよりも速やかでした。

こうして先祖九代の先例を越えて昇進されたのは、まことにめでたいことでありました。

<<平家物語「殿上闇討」 || 平家物語「禿髪」>>


お話の評価

ページトップ