言霊|古事記などの日本神話や昔話を紹介

平家物語

平家物語

平家物語」は平家一門の栄華と
滅亡を描いた軍略期。平安末期の
貴族政治から武家政治への以降期に、
日本で起こった内乱が描かれています

平家物語「大納言流罪」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。安元三年六月二日、藤原成親は都を出され、流刑先の備前国児島へ護送される。

平家物語「烽火之沙汰」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。後白河法皇を幽閉しようと計画する入道を、内大臣重盛は袖を濡らしながら説得し続ける。父を何としてでも思いとどまらせるため、忠孝を重んじる重盛が考え出した方法とは…。

平家物語「教訓状(後)」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。清盛の元へと出向いた重盛は、成親の罪を減じるように説得をする。

平家物語「教訓状(前)」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。対立している後白河法皇に対して、平清盛はついに実力行使に出ることを決意する。

娘婿の成経少将を救うために宰相教盛は奔走するが、頼みを容易に聞き入れようとしない清盛に対して、出家の決意を伝える。

平家物語「小教訓(後)」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。捕縛される事が決まった成経はその身の上を嘆く。

平家物語「小教訓(後)」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。平重盛は父清盛に大納言藤原成親の助命を乞う。そして、成親の妻子は北山の雲林院へ身を隠した。

謀が漏えいし、窮地に立たされた新大納言・藤原野成親。先を案じて嘆く矢先に、入道の嫡男であり、命の恩人でもある平重盛が大納言を助けに入道邸を訪れる。

平家物語「西光被斬(前)」 の現代語訳をイラスト付きでご紹介。太政入道・平清盛は平氏を滅ぼそうとする勢力の粛清を謀る。

平家物語「西光被斬(前)」 の現代語訳をイラスト付きでご紹介。配流が決まっていた明雲は僧たちにより奪還された。一方この騒動により平家打倒の企てに行き詰まりを感じていた行綱はついにこの計画を清盛に密告する。

平家物語「一行阿闍梨之沙汰」をイラスト付き現代語訳でご紹介。無実の罪で遠流の刑に処せられた明雲大僧正を奪還すべく、日吉山王権現の御神託を受けた延暦寺の衆徒率いる大衆が勇ましく立ち上がる。しかし、明雲大僧正は、唐代の一行阿修羅を例に出し、延暦寺に戻ることを涙ながらに断ろうとする。

平家物語「座主流」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。西光親子の讒奏で、比叡山の座主である明雲は伊豆の国に配流となった。衆徒はこの結果に激怒し、この父子を呪詛した。明雲は澄憲に自らの秘法を託し伊豆へと向かった。

1 2 3
ページトップ