» 検索結果: » さわ(sawa)

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

釣りに出かけた元侍の男が遭遇した怪物のお話です。

山形県・秋田県に伝わる民話、手長足長の昔話をイラスト付きでご紹介。悪事を働く手長足長に困った村の衆は鳥海山の神様に助けを求めるが、それでも妖怪の悪事は止まらない。そこへ慈覚大師が訪れ、村の惨事を知り、百日祈祷を続けたところ、不動明王の目から…!?

釈日本紀 備後国風土記逸文「蘇民将来」年に一回行われる。「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる、茅の輪潜りの由来となった、蘇民将来の伝説

雨月物語「白峰」の現代語訳。西行法師が讃岐国に崇徳新院の墓をたずねます。すると、西行の前に崇徳新院の悪霊があらわれ、恨みつらみを語ります。ここ最近の世の乱れは自分がなしている祟りだと。崇徳新院の悪霊が語ったとおり、この後平家の繁栄はとだえ、壇ノ浦にほろぼされます。

古事記より神武東征の現代語訳。宇陀の地には、兄宇迦斯と弟宇迦斯という兄弟がいました。兄は御子にお仕えする事を拒み、罠を作って一行を待ちうけました。一方弟は御子の元に参上し、兄の悪だくみを申し上げます。

荒ぶる神の毒気にあてられた神倭伊波礼毘古命(神武天皇)の一行の元に、熊野の高倉下という男が現れました。彼は夢で建御雷神のお告げがあった事を申し上げ、太刀(布都御魂)を献上します。

古事記より豊玉毘売神話の現代語訳。山幸彦と結婚した海神の娘の豊玉毘賣は懐妊しましたが、決して産屋の中を覗かないようにと告げます。約束を破って覗いてしまった山幸彦が見たものは、本来の大きな鮫の姿となってのたうち回る豊玉毘賣でした。

越前の国に信心深い夫婦と姑が暮らしておりました。毎夜農作業が終わった後に寺へ出かける夫婦を良く思っていなかった姑は鬼の面を被り夫婦を驚かせようと待ちぶせするのです。

聖武天皇の御代、人々は口々に謡ったという。汝をぞ嫁に欲しと誰、庵知の此方の万の子南无南无や、仙酒も石も、持ちすすり、法申し、山の知識、余しに余しに――ああ、この唄は、あの災禍の前兆だったのだろうか。

福井県の民話、嫁威し肉付きの面をイラスト付きでご紹介。越前の国に信心深い夫婦と姑が暮らしておりました。毎夜農作業が終わった後に寺へ出かける夫婦を良く思っていなかった姑は鬼の面を被り夫婦を驚かせようと待ちぶせするのです。

古典落語の死神をイラスト付きでご紹介。何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が現れてしまう。男は死神に捕まり大量のロ蝋燭が揺らめく洞窟へ訊くと人間の寿命だという。

舌切雀の原典、宇治拾遺物語―雀報恩の事を現代語、イラスト付きでご紹介。怪我をした雀を看病した優しいおばあさんと、それを見て真似をした強欲なおばあさん。それぞれのおばあさんへ贈られた、雀の「恩返し」とは。

ページトップ