» 検索結果: » ゆきめ

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

古事記より木花咲耶比売神話の現代語訳。邇邇芸命は結婚相手として差し出された姉妹の内、長寿を司るも容姿の醜い姉のみを送り返してしまわれます。一方、一夜の共寝で身ごもられた妹君は、他の神との仲の疑いを晴らすために炎の中で御子を産む事を宣言されるのでした。

古事記より五穀の起源となった神話の現代語訳。高天原から追放された須佐之男命は、食料を得るために大宜都比売のもとを訪れます。しかしそこで須佐之男命が目にしたものは…。古事記に記された五穀の起源のお話です。

堤中納言物語より虫愛ずる姫君の現代訳。按察使大納言の娘は美しく清らかな心の持ち主だったが、年頃の姫君にも関わらず着飾ることをせず、毛虫を愛でて暮らす変わり者。その噂を聞きつけた名家の公達は屋敷に忍び込むと、姫に歌を詠みかける。

平家物語「橋姫伝説」をイラスト付き現代語訳でご紹介。貴船神社に願をかけて生きながら鬼神となった橋姫のお話。橋姫が行なった呪いの儀式が、丑の刻参りの原点であるといわれています。

ページトップ