» 検索結果: » 七左

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

遠野物語よりマヨヒガのお話をイラスト付きでご紹介。岩手県遠野地方では、マヨヒガに迷い入りその中の物を何か1つ持ち帰ると幸運に恵まれるという

昔話、舌切り雀をイラスト付きで紹介。怪我を負った雀を拾い、看病してあげたおじいさん。ある日、おばあさんに舌を切られて逃げてしまった雀を探して山に入ると、雀たちのお宿を見つけます。お土産にもらった小さな葛籠にはお宝がぎっしり。それを聴いたおばあさんは、大きな葛籠を目当てに雀のお宿へ乗り込みますが…。

菅原孝標女『更級日記』より竹芝伝説を挿絵付きでご紹介。武蔵国(むさしのくに)には紫草が生えていると聞いていたのに、実際、目に映った景色はそんな優雅さの欠片もない。けれど、その茂みの中を踏み分けて行くと、しばらくして「竹芝」という寺が目に入った…

古事記「倭健(ヤマトタケル)神話」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。倭健命は甲斐国、信濃国を経て尾張国で美夜受比売と結婚する。そして草那芸剣を彼女の下にとどめ、伊吹山の神の下へと向かった。

春雨物語より目ひとつの神をイラスト付きでご紹介。和歌などを学びに都を目指す若者がうっかりと宿をとりそこねてしまいます。仕方なく、神社の神域で野宿する事にするのですがそこでは恐ろしげな宴が行われていたのです。

古事記、天孫降臨神話の現代訳。天照大御神の孫である邇邇芸命がお供を連れて豊葦原国に下られる際、道の岐路に見知らぬ神がいらっしゃいました。そこで天宇受賣命にその神の素性を問う命が下ります。

古事記より八岐大蛇退治神話の現代語訳。高天原から追放された須佐之男命は、美しい娘(櫛名田姫)にすがりついて泣く老夫婦と出会います。訳を聞いた須佐之男命は、櫛名田姫を妻に差し出す事を条件に、娘を喰らう八俣の大蛇退治に乗り出すのでした。

古事記、天岩戸神話の現代訳。天岩戸に籠られた天照大御神を連れ出すために、神々はより尊い神が現れたふりをして、宴会を開かれます。暗黒の世界の中で神々はそれぞれの神業をあらわされるのでした。

大阪府民話の星月夜の織姫をイラスト付きでご紹介。牡丹花肖栢という歌人が古墳の中で秦氏の先祖とされる織姫と出会い和歌を詠んで欲しいと御願いされるのです。

長野県民話「黒姫伝説」をイラスト付きでご紹介。黒姫を娶りたい黒竜は毎日のように黒姫の父に許しを請いに現れました。しつこい黒竜を黒姫の父は騙します。それに激怒した黒竜は大嵐を起こして村を荒らしてしまいます。

長野県民話「黒姫伝説」をイラスト付きでご紹介。ある日、中野鴨ヶ岳 小館城の城主が花見の宴を催しました。すると一匹の白蛇が現れます。城主は娘の黒姫に蛇にも酌をしてやるように進めました。その夜その蛇が狩衣姿で姫の枕元に現れ求婚しました。

酒呑童子で有名な大江山鬼退治をイラスト付きでご紹介。源頼光が岩清水八幡大神、住吉明神、熊野権現の力を借りて酒呑童子のねぐらを目指す。山伏に化けた源頼光は鬼のねぐらへ潜入して寝こみを襲うことにしました。

ページトップ