» 検索結果: » 大藤やすみ

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

両面宿儺の昔話をイラスト付きでご紹介。仁徳天皇の時代、飛騨の岩山に、一体両面にして四手両脚の異人が現れた。名を宿儺という。彼は飛騨の民を苦しめていた悪鬼や竜神を平らげ、民にしたわれるが

『常陸国風土記』に残る、「賀毘礼(かびれ)の高峰」(御岩神社の由来)を紹介。松の木に鎮まっていた荒ぶる神に悩まされていた民は朝廷に助けを求め、片岡大連が派遣される・・・。

古事記より、「香坂王と忍熊王の反逆」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。神功皇后一行の帰りをよく思わぬ者たちがいた。品陀和気命の異母兄・香坂王(かぐさかのみこ)と忍熊王(おしくまにみこ)。彼らはクーデターを目論み、皇后軍と対峙する。

「古今著聞集」より養老孝子伝説(養老の滝のいわれ)を、現代語訳挿絵付きでご紹介。孝行息子の源丞内は、いつものように薪をとりに山に入っていました。苔の生えた岩に足を滑らせて崖から落ちると、どこからかお酒の匂いが…!

アジスキタカヒコネとスサノヲ、ホムチワケの奇妙な一致とは?言霊のお話を振り返って、その共通点を探ります。

出雲国風土記より佐太大神の誕生に関する神話をイラスト付きでご紹介。佐太大神がご誕生された時、母である枳佐加比売命は大切な弓をなくされてしまいます。

常陸の石名坂に昔から住んでいた香香背男(カカセノヲ)は、押し寄せてきた武御雷命(タケミカヅチノミコト)と経津主命(フツヌシノミコト)の大軍を見事打ち破る。彼が化けた石は日に日に大きくなり、ついには高天原までおびやかすほどに。これに怒った武葉津槌命(タケハヅチノミコト)が挑んだ戦法とは?

祢々切丸に関しての栃木県民話をイラスト付きでご紹介。日光の鳴虫山に棲みつき、人々に悪さを働く妖怪「祢々(ねね)」。ある晩、人々の悩みに応えるかのように、二荒山神社の御神刀の一振りがひとりでに動き出した!?

古事記の現代訳をイラスト付きでご紹介。景行天皇は美濃国造の祖先、大根王の娘、兄比売と弟比売という二人の美しい乙女を召し出そうと大碓命を遣わましたが、大碓命はその二人を自分で娶ってしまい、別の女を献上してしまいます。

桃太郎原典と言われる温羅伝説をイラスト付きでご紹介。海の彼方から吉備国やってきた鬼神・温羅。朝鮮百済の王子というこの鬼は、悪事の限りを尽くします。困った人々は時の天皇に訴え、将軍・五十狭芹彦(イサセリヒコ)命が討伐に遣わされました。戦上手の温羅に苦戦する命でしたが…!?

山形県・秋田県に伝わる民話、手長足長の昔話をイラスト付きでご紹介。悪事を働く手長足長に困った村の衆は鳥海山の神様に助けを求めるが、それでも妖怪の悪事は止まらない。そこへ慈覚大師が訪れ、村の惨事を知り、百日祈祷を続けたところ、不動明王の目から…!?

東北地方民話の八郎太郎伝説 -八郎太郎と辰子の出会いをイラスト付きでご紹介。竜神となった田沢湖の辰子と八郎潟の八郎太郎が出会い、結ばれるお話

ページトップ