» 検索結果: » 石ヰ

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

謡曲「巴」、後編のお話をイラスト付きでご紹介。粟津の原で落命した木曽義仲。巴は主君の義仲と最期を共に出来なかった恨みが執心に残っていると旅の僧に訴え、その執心をどうか弔うようにと願うのでした。

謡曲「巴」より、平家物語とは違った木曽義仲と巴のお話をイラスト付きでご紹介。木曽の山家より出た僧は都への旅の途中、琵琶湖のほとり粟津の原に立ち寄り、神前で涙を流す不思議な女と出会う。

「遠野物語」より、座敷童子のお話をイラスト付きでご紹介。ある日、町へ使いに出ていた男は帰り道、2人の女童に出会う。見慣れない姿に何処から来たのかと問うが……。

出雲国風土記より佐太大神の誕生に関する神話をイラスト付きでご紹介。佐太大神がご誕生された時、母である枳佐加比売命は大切な弓をなくされてしまいます。

「御伽草子」より、日本三大悪妖怪に名を連ねる大悪狐「金毛白面九尾の狐」の伝説です。鳥羽院の前に現れた絶世の美女、玉藻前。院は彼女に寵愛を注ぐも、病に倒れてしまう。陰陽師、安倍泰成が見た病の原因とは……。

宮崎県に残る神話。鬼の窟神話をイラスト付きでご紹介。木花咲耶姫が邇邇芸命に出会う少し前、力自慢の鬼が姫に一目惚れをしてしまいます。

古事記より、悲劇の英雄ヤマトタケルの西征についてのお話です。小碓命の力を恐れた天皇は、その身を遠ざけるために熊襲建兄弟を征伐するため、西へ行くように言いつける。父に疎まれているとは知らずに、小碓命は喜び勇んで西へと赴くのだった。

和歌山県には昭和初期まで餅をつかないと風習がある里がありました。その里は一体どうして餅をつかなくなったのか?鎌倉時代の大塔宮護良親王にまつわるお話が残っています。

平家物語「禿髪」イラスト付き現代語訳でご紹介。「この平家一門にあらざる人は、みな非人である」。平清盛公が盛んだった頃は、誰もがみな平家をならい、平家に取り入って、平家の悪口を言いませんでした。それというのも――

雨月物語より浅茅が宿の現代訳をイラスト付きでご紹介。葛の葉が風で翻る秋の頃には、きっと帰ってくるよ」そう妻に約束して故郷を後にした勝四郎だったが、戦乱の世の中で心ならずも七年の月日を都で過ごしてしまいました。もう妻は死んでいるだろう、せめて菩提を弔おうと、ようやく帰ってきた彼が目にしたものとは

稲生物怪録。広島県三次市に実話として伝わる、三次藩士稲生平太郎が体験した30日間に及ぶ怪異の話

釈日本紀 備後国風土記逸文「蘇民将来」年に一回行われる。「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる、茅の輪潜りの由来となった、蘇民将来の伝説

ページトップ