» 検索結果: » 蓮むい

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

古事記や日本書紀の神武東征物語に登場する、エウカシ・オトウカシ兄弟。彼らのゆかりの地、奈良県宇陀市の、東征伝承地をぐるぐる訪ねたレポートです。

平家物語「座主流」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。西光親子の讒奏で、比叡山の座主である明雲は伊豆の国に配流となった。衆徒はこの結果に激怒し、この父子を呪詛した。明雲は澄憲に自らの秘法を託し伊豆へと向かった。

遠野物語よりマヨヒガのお話をイラスト付きでご紹介。岩手県遠野地方では、マヨヒガに迷い入りその中の物を何か1つ持ち帰ると幸運に恵まれるという

多武峯縁起絵巻「席障掩屍〜古人出家」をイラスト付き現代語訳でご紹介。入鹿の屍は父のもとに届けられた。息子の屍を見た蝦夷は、もはやこれまでと屋敷に火を放つ。

最古の説話集『日本霊異記』より雷を捉えし縁をイラスト付き現代語訳でご紹介。少子部の栖軽は天皇に雷を捕えてくるようにと命じられる。その顛末はいかに。雷丘成り立ち

「宇治拾遺物語」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。大友皇子が自分を殺そうとしていることを知った春宮は、たった一人で北を目指す。山城国、志摩国と渡り、美濃国へたどり着くが、先回りしていた大友皇子の使者によって渡し船が隠されてしまう。春宮は川で洗濯している女に助けを乞うがーー

遠野を囲む山々にはそれぞれ女神が住まうという。女神たちはある夜、母神に、良い夢を見た者に良い山をあげましょう、と言われ…。岩手県遠野に伝わる話を柳田国男が聞き記した遠野物語。その二段をイラスト付きでご紹介。

丹後国風土記の羽衣天女伝説をイラスト付きでご紹介。丹後国比治の山にて水浴びをしていた天女を知った老夫婦が、一人の羽衣を隠してしまう。天へ帰れなくなった天女は老夫婦の子となるが…

ページトップ