» 検索結果: » _okura__

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

多武峯縁起絵巻「実性僧都〜尊影破裂」をイラスト付きでご紹介。藤原鎌足薨去ののち、談岑は様々な人の手によって時代を超えて支えられてきた。そして1046年正月24日、談岑に祀られた鎌足の神像が不思議な現象を引き起こす。

平家物語「内裏炎上」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。平時忠卿が比叡山の怒りを収める。その同月、京は大火災に見舞われる。

更級日記「門出」の現代語訳を挿絵付きで紹介!遠い上総の地で、母や姉たちの語らう物語に憧れた少女は薬師仏に祈願する。京の都にある、たくさんの物語を読ませて下さい――と。数年後、少女は父の任期の終わりと共に上京することとなる。

多武峯縁起「藤下談謀〜詐唱表文」をイラスト付き現代語訳でご紹介。中大兄皇子と中臣鎌足は藤花の下、乱れた世を正す策を話し合う。

古事記より神功皇后の神がかりを現代語訳イラスト付きで紹介。仲哀天皇が筑紫に巡幸された折、その皇后・息長帯日売が神がかりした。しかし、その神託を疑った天皇は、皇后に降りた神々によって祟り殺されてしまう……。

平家物語「殿下乗合」をイラスト付き現代語訳でご紹介。平家の公達、平資盛は若武者を連れて鷹狩りへ出かける。その帰り道で摂政の車と行き合った彼は礼を失した振舞いを咎められ、散々に懲らしめられた。自分の孫が辱められたことを知った清盛は激怒し、摂政へ復讐することを決める。

平家物語「清水寺炎上」をイラスト付き現代語訳でご紹介。二条天皇の葬送の際、興福寺に侮辱された延暦寺衆徒は何も反抗せず立ち去ります。同二十九日、延暦寺の衆徒は京都に乱入。その際「後白河法皇が延暦寺衆徒に命じて平家を追討させる」という噂が流れーー。

平家物語「二代の后」をイラスト付き現代語訳でご紹介。亡き近衛天皇の后、藤原多子は、今帝・二条天皇から后になるよう乞われる。しかしこれは前例のないことだった…。

ページトップ