» 検索結果: » aiir0

言霊-日本の物語を語り継ぐ-

古事記より、「香坂王と忍熊王の反逆」の現代語訳をイラスト付きでご紹介。神功皇后一行の帰りをよく思わぬ者たちがいた。品陀和気命の異母兄・香坂王(かぐさかのみこ)と忍熊王(おしくまにみこ)。彼らはクーデターを目論み、皇后軍と対峙する。

青森県の民話、溶けてしまった雪ん子をイラスト付きでご紹介。ある吹雪の夜、子供のいない老夫婦のもとに赤ん坊を抱いた女が訪れる。二人はこの子を育てることになったが、この子はあついのが苦手で・・・

罪に問われた学生・小野篁を弁護した宰相・藤原良相。だがその何年か後、良相は突然、病で命を落としてしまう…

岩手県民話をイラスト付きでご紹介。長者の妻は欲深い女でした。そんな妻はある日、大蛇の姿へと変わり、毎年作物を荒らすようになりました。困った村人たちは、順番に娘を生贄として捧げますが、一人娘を手放したくなかった男は、遠く肥前の国から佐夜姫という娘を買い、生贄に捧げることにしたのです。

「雨月物語」より、貧福論を現代語訳、イラスト付きでご紹介。お金好きの武士・岡左内が寝ていると、枕元へ人の近づく気配があった。不審に思い、正体を尋ねると左内が大切にしている黄金の精霊だという。

遠い昔のお話。兄想いの親切な弟は、体の弱い兄の為に毎日山芋を掘って来ては、美味しい山芋を食べさせていました。そんな弟を兄は次第に疑うようになり…。

宮崎県に残る日本神話、水の種をイラスト付きでご紹介いたします。天真名井のおこり。邇邇芸命が地上で水を所望されるのですが高千穂には水が少なくまずいので天村雲命に高天原まで行って水の種をもらってくるように命じます。

出雲国風土記より鬼の舌震神話をイラスト付きでご紹介。そのむかし、阿伊の村に玉日女命という美しい女神がおりました。女神に恋した和邇は、川を上り、彼女に会いに行きますが・・・・・・。

ページトップ