言霊|古事記などの日本神話や昔話を紹介

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

古事記より倭建命伝説の現代語訳。父は私など死ねば良いと思いなのだろうか」そう倭建命が嘆き東国へ向かおうとすると叔母の倭比売命は草薙剣と袋を渡し「もし困ったことがあればこの袋を開けなさい」と言いました。焼津で相武の国造に欺かれた倭建命が行った事とは。

古事記より、倭健命の英雄譚です。 倭健命は、出雲国に行って、そこの首長である出雲健を討ち殺そうとお思いになりました。そして、出雲国に入られると、まず出雲健となかよくなられました。

古事記より、悲劇の英雄ヤマトタケルの西征についてのお話です。小碓命の力を恐れた天皇は、その身を遠ざけるために熊襲建兄弟を征伐するため、西へ行くように言いつける。父に疎まれているとは知らずに、小碓命は喜び勇んで西へと赴くのだった。

古事記の現代訳をイラスト付きでご紹介。景行天皇は美濃国造の祖先、大根王の娘、兄比売と弟比売という二人の美しい乙女を召し出そうと大碓命を遣わましたが、大碓命はその二人を自分で娶ってしまい、別の女を献上してしまいます。

古事記「多遅摩毛理」の現代訳。垂仁天皇の勅で常世国に渡り非時の香木実を持ち帰ったが、天皇はすでに崩御していた。タヂマモリは香木実を御陵に供えると、嘆き悲しんでそのまま陵前で死んでしまった。香木実はいまでいうタチバナのことである。

古事記より本牟智和気王のお話を現代訳でご紹介。言葉を話すことのできない我が子、本牟智和気王に悩んだ天皇は、ある日夢でお告げを聞いて御子を出雲へ向かわせる。

古事記より沙本毘古と沙本毘売の現代訳をイラスト付きでご紹介。沙本毘売の密告により沙本毘古の謀反を知った垂仁天皇は沙本毘古を討伐することを決意されますが兄への思いを捨てきれない沙本毘売は沙本毘古のいる稲城へ入られました。

古事記より沙本毘古と沙本毘売第のお話をイラスト付きでご紹介。11代目天皇として即位した垂仁天皇。その皇后である沙本毘売は、兄である沙本毘古に「兄と夫である天皇とどちらが愛おしか」と問われ、兄の天皇暗殺計画に加担してしまうが…

古事記より三輪山伝承をイラスト付き、現代語訳でご紹介。祟神天皇の時代、活玉依姫のもとに夜な夜な通う男がいました。男の素性を知りたいと衣の裾に糸を刺して翌日これをたどって行くと、三輪神社に入りました。

古事記より欠史八代「綏靖天皇、安寧天皇、懿徳天皇、孝昭天皇、孝安天皇、孝霊天皇、孝元天皇、開化天皇」のお話をご紹介

古事記にて神武東征神話「当芸志美々命の反逆」を現代語訳、イラスト付きでご紹介。神武天皇が崩御後に多芸志美美命は、異母兄弟である三人の弟達を殺そうと企んでいました。伊須気余理比売は心を痛め、このことを歌で息子達に知らせました。

古事記より神武東征神話をイラスト付き、現代語訳でご紹介。神武天皇の一行は、皇后にするための乙女をお探しになっていました。その際、大久米命は神の御子と呼ばれる比売多々良伊須気余理比売を紹介します。

1 2 3 4 5
ページトップ