言霊|古事記などの日本神話や昔話を紹介

古事記

古事記

古事記は存在する日本最古の歴史書。
上巻は日本神話、中巻は神武天皇から
応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇
から推古天皇までの記事が収られます。

古事記より国譲り神話の現代語訳。天菩比神の次に地上に派遣された天若日子でしたが、豊葦原国をわがものにしようと企みます。高御産巣日神は、天若日子の反逆の意思を確かめるためにある行動を取られました。

古事記より国譲り神話の現代語訳。ある時、天照大御神は豊葦原国は御子の天之忍穂耳命が統治されるべき地であるとの宣言をなさいます。八百万の神々は、地上の神々を従わせるための会議を開かれるのでした。国譲り神話の第一弾です。

古事記より大国主の国作り神話の現代語訳。ある時大国主神は、海からやってくる小さな神様と出会います。この神の素性が分からず途方に暮れる大国主神に助言を申し上げたのは、谷蟆(ヒキガエル)でした。

古事記より大国主の国作り神話の現代語訳。八千矛神(ヤチホコ)が、国果ての高志国の沼河比賣(ヌナカハヒメ)を娶ろうと思って御出でになったとき、比賣の家の前に求愛の歌を詠まれた時のお話

古事記より根の国訪問神話の現代語訳。大穴牟遅神はたどり着いた根の国にて、須佐之男命の娘である須勢理毘賣と恋に落ちて結び合われました。しかし、そんな大穴牟遅神に須佐之男命は次々と試練を与えます。

古事記より因幡の白兎神話の現代語訳。八上比売へ求婚をする兄たちの荷物持ちをさせられていらっしゃった大穴牟遅神は、道中で赤裸の兎と出会われます。哀れに思い声をおかけになる大穴牟遅神に、兎は事の経緯を申し上げるのでした。大国主神の物語の第一弾です。

古事記より八岐大蛇退治神話の現代語訳。高天原から追放された須佐之男命は、美しい娘(櫛名田姫)にすがりついて泣く老夫婦と出会います。訳を聞いた須佐之男命は、櫛名田姫を妻に差し出す事を条件に、娘を喰らう八俣の大蛇退治に乗り出すのでした。

古事記より五穀の起源となった神話の現代語訳。高天原から追放された須佐之男命は、食料を得るために大宜都比売のもとを訪れます。しかしそこで須佐之男命が目にしたものは…。古事記に記された五穀の起源のお話です。

古事記、天岩戸神話の現代訳。天岩戸に籠られた天照大御神を連れ出すために、神々はより尊い神が現れたふりをして、宴会を開かれます。暗黒の世界の中で神々はそれぞれの神業をあらわされるのでした。

古事記、誓約神話の現代語訳。父の伊邪那岐命によって追放されてしまわれた須佐之男命は、姉の天照大御神に最後の別れを告げるために高天原へ向かわれます。警戒なさる天照大御神に対して、須佐之男命は誓約(占い)によって邪心が無い事を証明する事を提案されましたが…。

古事記より三貴子神話の現代語訳。黄泉の国から逃げ帰られた伊邪那岐命は、川で禊を行われます。その際に、川や脱ぎ捨てられた衣服から、様々な神が成されました。そうして最後に、特に貴い三柱の神がお生まれになります。

古事記、国生み神話の現代語訳。火の神を産んだ事で死んでしまった妻の伊邪那美命を連れ戻そうと、伊邪那岐命は黄泉の国を訪れます。しかしそこで伊邪那岐命が見たものは、変わり果てた伊邪那美命の姿でした。

1 2 3 4 5
ページトップ